キーリってどんな話?あらすじと登場人物紹介

どうも。赤銅にょろん(@nyoron_kieli)です。

このブログは、電撃文庫『キーリ』を愛しすぎて正気を失ってしまった赤銅にょろんが、世界に散らばるかすかな「キーリみ」を生涯をかけて求め続けた個人的な記録です。公式とも全く関係ないですし、他作品と比較する意図も全くありません。たぶんキーリを知らないと意味わからないと思うのでキーリを読んでください。全9巻です。

このページでは『キーリ』を知らない方に向けて、その大まかな世界観・ストーリー・登場人物について紹介する。

目次

キーリって?

キーリ全巻

『キーリ』は2003年発売の壁井ユカコ先生作のライトノベル小説である。

第9回電撃ゲーム小説大賞を受賞。
イラストは、第9回電撃ゲーム三大賞イラスト部門大賞受賞の田上俊介先生が担当している。

電撃文庫より全9巻が発行され、無事に完結を迎えた。

全2巻の漫画版、ドラマCDも発売されている。

キーリの世界観とストーリー

戦争が終わり、荒廃した惑星が舞台

キーリの舞台はとある惑星。

その惑星では昔、燃料資源を巡り戦争が勃発した。
そこでは《戦争の悪魔》と呼ばれる不死の兵隊がいたという。
死体の心臓をくりぬき、そこに《核》と呼ばれる永久稼働の動力源を入れることで誕生した不死人。

彼らは殺戮の限りを尽くし、人々に恐れられた。

やがて戦争は、燃料資源を食い尽くす形で終結する。
戦争終結後、教会による大規模な不死人狩りにより彼らは追われる立場となった。


それから80年。
戦争後に残された質の悪い燃料資源が、各家の排気パイプからもくもくと黒い煙を吐き出すような世界がこの物語の舞台となる。


霊感少女と不死人の青年とラジオの旅

霊感少女のキーリが、不死人のハーヴェイ、ラジオに憑依している霊・兵長と出会うことから物語が始まる。

寄宿学校に通うキーリは、植民祭休暇初日にハーヴェイと兵長に出会い、休暇の間だけ彼らに同行することを決意する。

さまざまな人や霊との出会いと別れを繰り返しながら、キーリは成長していく。

一方、ハーヴェイはキーリとの出会いによって、少しずつ生きる希望を取り戻していく。



独断と偏見の登場人物紹介

ネタバレなし紹介のため、ここではメインキャラ3人のみご紹介。

キーリ

身寄りがなく、寄宿学校に通う14歳の少女。
霊感があり、神さまや教会の存在に疑念を抱いている。

面倒ごとに首を突っ込んだり、突っ込まなくても何故か巻き込まれたりしていくスタイルで、ハーヴェイに呆れられがち。

成長するし、髪型も変わる。
かわいい。

ハーヴェイ

不死人の青年。戦争終了後から孤独に旅を続けている。

面倒くさがりで人にあまり関わりたくないな~と思ってるけど、つい助けてしまいがち。

カッコよすぎて人生が狂わされた。
こんなブログ作ってるのも大体こいつのせい。

兵長

小型ラジオに憑りついている兵士の霊。
当時の軍隊の階級だった<兵長>と呼ばれている。

キーリとハーヴェイの保護者のような頼りになるラジオ。

みんなのパパ。

ファンによるキーリ140文字紹介文

私一人の力では満足に紹介できないのでフォロワーに頼りました!!皆、ありがとな!!

電子書籍で今すぐ読める!

現在では新品書籍本の入手が困難なため、電子書籍での購入がおすすめ。

全9巻完結だが、1巻単体でも十分楽しめるため、とりあえず1巻だけでも読んでみてほしい。

ざっとストーリーを楽しみたい方には全2巻完結の漫画版もおすすめだ。
こちらは小説1巻の内容がマンガ2冊にギュッと濃縮されている。

きっと読み終わる頃には、キーリを求め続け彷徨う不死人になっていることだろう。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる