趣味で3Dモデリング!VroidStudioを使えば誰でも簡単に3Dアバターが作れちゃう

3Dモデリングって難しいイメージありますよね。実際Blenderなどのモデリングソフトを使って1から制作しようとするとかなりの根気と時間が必要で 初心者にはハードルが高く感じられます。

にょろん
にょろん

私もBlenderでのモデリングは挫折しました

ですが諦める必要はありません!「VroidStudio」という無料のツールを使えばなんと誰でも簡単に3Dキャラクターモデルを作ることができちゃうんです!

目次

VroidStudioでどんなキャラが作れるの?

使っているのはマウスだけ。顔も髪も自由自在

こちらが実際に私がVroidStudioを使って作ったキャラクター。キャラクターデザインは苦手なので、版権キャラクターを元絵にして3Dモデル化するのが最近のマイブーム。

電撃文庫「キーリ」よりベッカ

ノートパソコンとマウスだけでこれだけのクオリティの3Dキャラクターを作ることが可能な時代になったことに驚きます。 もちろんペンタブがあればもっと簡単に作れると思うのですが、マウスしかなくても十分楽しめます。

電撃文庫「キーリ」よりキーリ。

少年・青年も簡単に!

アニメ「獣旋バトルモンスーノ」よりチェイス・スーノ。
衣装も全てマウスで描いています。

以前は女性キャラクターしか作れなかったのですが、2018年の末についに男性キャラクターも制作できるようになりました!

電撃文庫「キーリ」よりハーヴェイ

私が初めて3Dキャラクター作りでVroidStudioに挑戦したのがこのハーヴェイでした。そのときの様子をまとめた記事がこちらです。

あわせて読みたい
VRoidStudioでハーヴェイ作ってみた
VRoidStudioでハーヴェイ作ってみたフォロワーさんによるvroidキーリちゃんの爆誕で、ハーヴェイモデリングへの憧れを抱いてしまったにょろんにょろんも早く3Dモデリングの才能を発揮してハーヴェイと暮ら...

でも難しいんでしょ? 絶対できるVroidStudioの始め方

悩むくらいならさっそくやってみましょう~!ダウンロードから基本的な操作をご紹介します。

VroidStudioダウンロードから起動まで

まずは公式サイトで VroidStudioの最新版をダウンロード。
無料&インストールも不要なのですぐに使えます!

https://studio.vroid.com/

ダウンロードしたらVroidStudio.exeをダブルクリックして起動。

するとモデル一覧画面になります。初めはサンプルモデルを参考にしたり、改造したりしても良いと思いますが、今回は新規作成を選んでみます。

ここで性別を決めることになります。今回は女の子を選択。

スタートはここから。もうすでに人型になっていて、顔が出来ていて、服も着ています。初心者には嬉しい。

顔を編集しよう

ではまずは顔を編集していきましょう!

右側のパラメーターを動かすだけで簡単に顔が変化。
「目の縦幅を拡大」「目の横幅を拡大」を操作してみるとこんな風に大きなパッチリ目に!目頭や目尻のパラメーターを動かせばつり目やたれ目も自由自在。

目、目元、眉毛、鼻、口、耳、顔の輪郭、それぞれのパラメーターを動かして理想のお顔にしてあげましょう。いつでも変更できるので大体決まったら次に進みます。

目の色を変えよう(顔のテクスチャを変える)

「顔編集」の下にある「テクスチャ」を選択します。

するとこのように顔のパーツの色を変えられる画面に切り替わります。
では目の色を変えてみましょう!

左側の「瞳」を選択します。簡単に3カ所のみ説明します。

レイヤーを選択

図①のレイヤーを選択しましょう。レイヤーとは元ある絵の上に透明な板を置いてそれに描くようなものです。デフォルト画像に直接描いてもよいですが、失敗した時に削除すると瞳がなくなりますのでレイヤーに描いた方が無難。レイヤーは「+」マークで追加ができます。

ミラーリングをONにしよう

図②の三角形が2個あるボタンを押しましょう。そうすることでミラーリングがオンになります。ミラーリングとは鏡、つまり右目に描くだけで左目も描けてしまうという優れもの。

実際に瞳を描いてみよう!

右側のパネルで、色の選択や、ブラシの形状・太さ・不透明度などを選びます。そしたらモデルの左上にある小さなボックスの中から上から2番目のペンのマークを選択。あとは図③の部分に描くだけ!モデルの目の部分に直接描くことも可能です。

瞳が出来たら、また左側のパネルから他の各部位もお好みに合わせて変更しましょう。

にょろん
にょろん

私はいつも瞳の色だけ変えて髪に進みます。
髪が出来てからの方が雰囲気がわかりやすいからね~

髪の毛を作ろう!

「髪型編集」を開いて、左側のパネルから①「プロシージャルヘアを追加」を選択。

図②の部分で髪の色を変えることができます。

図③のパラメーターを操作すると髪の長さや太さなどが変わるので色々試してみてください。初めは後ろ髪、前髪、右横、左横…というようにプロシージャルヘアを追加していくと簡単に出来ると思います。

慣れてきたら手書きヘアに挑戦してみるのも良いと思います。図④のガイドの緑の丸を操作するのがコツです。

個人的にはプロシージャルヘアで髪型を作って、手書きヘアに変更し、制御点を操作するのが簡単かつ綺麗にできる気がします。

にょろん
にょろん

「揺れもの」という所でボーンを設定すれば髪が揺れるようになるよ!

はい。こんな感じでできましたー!
どう?簡単でしょ?

体型や衣装の変更についてザックリ説明するよ

体型の変更

顔を編集した時のように「体型編集」を選択して各パラメーターを操作して背丈など細かく変更が可能です。

男の子モデルの場合「身長」の項目がないから脚や胴で調整してね!

衣装の変更

それから「衣装編集」では服を変更することが可能です。デフォルトは制服と白いワンピースしかありませんが、「テクスチャ」を弄って色など変えればオリジナルの衣装も作れます。ただし外部のペイントソフトを使ったり、少し手間がかかるので簡単にというわけにはいきません。

服は着替えさせたいけど手間はかけたくないという場合、BOOTHでVroidStudio用の衣装テクスチャを無料配布・販売してくれている方がいますのでそちらをお借りすると気軽にお着替えが楽しめます♪

オリジナル衣装については、私が以前挑戦したときの記事を貼っておきますのでよかったらこちらも参考にどうぞ。

あわせて読みたい
VRoidでキーリを作ったので衣装やMMDでの身長調整についてメモ
VRoidでキーリを作ったので衣装やMMDでの身長調整についてメモ【前回のあらすじ】VRoidStadioでのハーヴェイ作りに挑戦したにょろん。動くハーヴェイに感動し興奮し満足していたが、平成が終わりを告げるとともに彼への想いがあふれ...

VroidStudioでお手軽3Dモデリングに挑戦してみませんか?

説明が長くなったので「なんだか難しそう……」と思った方もいるかもしれませんが、実際に触ってみるとその簡単さに驚くはず。

自分の好みを詰め込んだキャラクターを作ったり、動かすのはとっても楽しいですよ♪

完成したキャラクターを使って動画を作ったり、VRchatを始めたり、Vtuberデビューなんてのも素敵ですね。ぜひチャレンジしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる