【実質キーリ】ヴァイオレット・エヴァーガーデン、義手の元兵士が愛を知る物語な件

どうも。赤銅にょろん(@nyoron_kieli)です。

このブログは、電撃文庫『キーリ』を愛しすぎて正気を失ってしまった赤銅にょろんが、世界に散らばるかすかな「キーリみ」を生涯をかけて求め続けた個人的な記録です。公式とも全く関係ないですし、他作品と比較する意図も全くありません。たぶんキーリを知らないと意味わからないと思うのでキーリを読んでください。全9巻です。

年内にこれだけは書かねば今年が終わらないと思った。

驚異の一致率で2018年No.1実質キーリ(※)に輝いたこの作品を語らずに新年を迎えることはできないだろう。
 (※赤銅にょろんの独断と偏見と妄想です)

小説も読んでから書こうと思ったんだけど、
履修科目積み過ぎてていつになるか分からないので
アニメの内容のみでざっくりまとめておきます。

目次

作品紹介

ヴァイオレット・エヴァーガーデン公式サイト画像
公式サイトより引用

アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト


とある大陸の、とある時代。
大陸を南北に分断した大戦は終結し、世の中は平和へ向かう気運に満ちていた。
戦時中、軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンは、軍を離れ大きな港町へ来ていた。
戦場で大切な人から別れ際に告げられた「ある言葉」を胸に抱えたまま――。
街は人々の活気にあふれ、ガス灯が並ぶ街路にはトラムが行き交っている。
ヴァイオレットは、この街で「手紙を代筆する仕事」に出会う。
それは、依頼人の想いを汲み取って言葉にする仕事。
彼女は依頼人とまっすぐに向き合い、相手の心の奥底にある素直な気持ちにふれる。
そして、ヴァイオレットは手紙を書くたびに、あの日告げられた言葉の意味に近づいていく。

http://violet-evergarden.jp/story/#about

2020年に劇場版公開なのでまだまだ間に合う!!

1分40秒でわかる!これは実質キーリだと。



出典:公式PV第3弾

まずはこのPVを見てくれ。

・電車(路面電車だけど…)
・アンティークドール
・赤毛の男(※実質ハーではない)
・戦争の道具だった元兵士の少女
・義手
・船
 
こんな短いPVだけでこんなにもキーリとの共通点があるんです…!
キーリがアニメ化したかと思ったぜ。
 
最初から最後までとにかく映像が美しい!
最高のスチームパンクファンタジー!!
 
あとヴァイオレット・エヴァーガーデンって名前がいいよね
「ハーヴェイ」の「ハ」以外全部入ってるから実質ハーヴェイです。

くたびれた男が生きる意味を取り戻す7話は必見

ヴァイオレットが依頼を受けて代筆をして、依頼人の気持ちを届ける。

というのが基本的な流れで、1話完結でストーリーが進んでいくので、見やすいかなと思います。

全話本当に最高なんだけど、
ひとつあげるとすれば個人的には7話かな。

娘に先立たれ、人生にくたびれた赤毛(茶髪かも?)のおじさんが出てくるので必見。

7話は1話完結なので、この話だけ見ても大丈夫だと思うけど、
時間があれば最初から見てほしい。

キーリを失ったハーを見ているようで勝手に胸がギュッとなりました…

7話はマジで人生くたびれた男が生きる意味を取り戻す話」です

戦争しか知らない少女が感情を得ていく8話

あと8話もぜひ見てほしい。
当時の私の視聴後の感想がこちら。

8話はヴァイオレットの兵士時代のお話。
こんなん泣くわ。
ちなみに8話を見たら9話も見ずにはいられない身体にされてしまうから気を付けろ!

とにかく最高だから見てくれよな!
配信サイトはNetflixだけっぽい。

義手の元兵士が愛を知る話が好きならキーリ!!

死者を蘇らせて不死の兵士にして戦争の道具にしていた世界。

戦争が終わり、不要になった不死人たちは追われる立場になる。

何十年も孤独に旅を続けてきた不死人の青年・ハーヴェイは、ラジオの憑依霊・兵長と、キーリという名の霊感少女と出会い、生きる意味を取り戻していく――。

電撃文庫、全9巻よろしくね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • にょろんさんこんにちは。合同誌でお世話になったかなでです。
    ヴァイオレット・エヴァーガーデン、最近フォロワーさんに教えていただいて大好きになった作品なので、この記事がとっても嬉しかったです!
    戦争、兵士、義手、タイプライター・・・キーリみ満載ですよね!泣けますし・・・!
    わたしは「アンへの手紙」がいちばん好きです。ぼろ泣きでした。

    • かなでさんこんにちは!!
      コメントありがとうございます~!
      ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、心に寄り添ったとても素敵な作品ですよね!
      アンへの手紙は私もドライアイなことを忘れるくらい涙が止まらなかったです。

コメントする

目次
閉じる