【十二国記】月の影 影の海もやっぱりキーリだった件

どうも。赤銅にょろん(@nyoron_kieli)です。

このブログは、電撃文庫『キーリ』を愛しすぎて正気を失ってしまった赤銅にょろんが、世界に散らばるかすかな「キーリみ」を生涯をかけて求め続けた個人的な記録です。公式とも全く関係ないですし、他作品と比較する意図も全くありません。たぶんキーリを知らないと意味わからないと思うのでキーリを読んでください。全9巻です。

18年ぶりの新作が発売され盛り上がりを見せている十二国記。
アニメは見た覚えがあるけど(あまり覚えてない)、原作は読んだことがなかったのでこれを機に読むことに。

赤銅にょろんは、この世の全てがキーリに見えてしまう奇病に罹患しています。一般の十二国記ファンの皆様には多大なご迷惑をおかけしますが、まずはキーリを読んでいただければと思います。全9巻読んでください。十二国記より少ないので楽勝ですね!
そして、「いや、十二国記とキーリ全然似てねぇじゃねぇか!!」とツイートしていただければ、この世にまた一つ「キーリ」という文字列が増えることに繋がりますのでご協力のほどよろしくお願いいたします。
目次

月の影 影の海(上)

作品紹介

月の影影の海(上) 小野不由美

「お捜し申し上げました」―女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る男が現れ、跪く。そして海を潜り抜け、地図にない異界へと連れ去った。男とはぐれ一人彷徨う陽子は、出会う者に裏切られ、異形の獣には襲われる。なぜ異邦へ来たのか、戦わねばならないのか。怒濤のごとく押し寄せる苦難を前に、故国へ帰還を誓う少女の「生」への執着が迸る。シリーズ本編となる衝撃の第一作。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4101240523/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i3

キーリ狂いによる感想

赤銅にょろん
赤銅にょろん

赤毛!学校!いじめ!クソ教師!!実質キーリ

どんな物語でも、旅のはじまりはいつもワクワクするねぇ。

赤銅にょろん
赤銅にょろん

ジョウユウに憑依されてる!憑依霊!!兵長!!!

とか言ってたら突然の別れ。早すぎるだろw

……いや、壮絶すぎるのでは???
さっきまで普通の女子高生だった子に過酷すぎるこの世界。

夜になる度に(たまに昼でも)襲ってくる妖魔たち。悪霊よりタチが悪い。

赤銅にょろん
赤銅にょろん

同じ立場である海客のジジイに会って喜ぶとこ、キーリが霊感があるハーに出会ったときの反応と同じ。

ひたすら陽子がボロボロになっていくので、苦手な人は離脱しちゃうだろうなぁと思った。

けど、キーリストとしては、ハーヴェイにもこんな経験があるんやろうな…と大変良い学びになる。

「ネズミが出るまで頑張れ」と言われた意味が分かる。
だがまさか上巻でネズミが出てこないとは思わなかった。

月の影 影の海(下)

作品紹介

月の影影の海(下) 小野不由美

「わたしは、必ず、生きて帰る」―流れ着いた巧国で、容赦なく襲い来る妖魔を相手に、戦い続ける陽子。度重なる裏切りで傷ついた心を救ったのは、“半獣”楽俊との出会いだった。陽子が故国へ戻る手掛かりを求めて、雁国の王を訪ねた二人に、過酷な運命を担う真相が明かされる。全ては、途轍もない「決断」への幕開けに過ぎなかった。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4101240531/ref=dbs_a_def_rwt_bibl_vppi_i5

キーリ狂いの感想

下巻に突入。
噂のネズミはいつ出てくるんだ…と思いきやすぐ出てきた。

陽子の心の隙に付け入るような言葉を聞かせてくる蒼猿くん、推せる…!

赤銅にょろん
赤銅にょろん

怪我した楽俊を見て、動揺して逃亡!!!!

キーリ3巻のハーヴェイだ!!!!

船だーーーーー!!!!実質キーリだあああああ!

赤銅にょろん
赤銅にょろん

んんん!楽俊と感動の再会。
「遅いよもう。待ちくたびれちゃった(読者が)」

赤銅にょろん
赤銅にょろん

なに!?このネズミ、全裸で外歩くのが趣味のド変態野郎なの!?服を着てる半獣もいる世界で、わざわざ全裸なのそうとしか思えないじゃん…

ところで、表紙の能面みたいやつ、誰?

赤毛の少女がボロボロの人間不信になりながら旅する物語

『月の影 影の海』のキーリ度を0か100かで表すと、100なので実質というか「極端にいうとキーリ」です!!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる