『彼方から』重い宿命を背負った青年と少女の共依存旅物語だった件【実質キーリ】

どうも。赤銅にょろん(@nyoron_kieli)です。

このブログは、電撃文庫『キーリ』を愛しすぎて正気を失ってしまった赤銅にょろんが、世界に散らばるかすかな「キーリみ」を生涯をかけて求め続けた個人的な記録です。公式とも全く関係ないですし、他作品と比較する意図も全くありません。たぶんキーリを知らないと意味わからないと思うのでキーリを読んでください。全9巻です。

フォロワーが推してて、なんかピンと来たので読んだんだ。
少女漫画版キーリだった…!

今回のは無理やりこじつけたような実質キーリではなく、マジで本質から実質キーリだ。

ネタバレを含むので、ネタバレなしで読みたい方は先に読んでくれ。
マンガParkで全巻読めるから。

キーリをご存じない方はこちらをどうぞ。

あわせて読みたい
キーリってどんな話?あらすじと登場人物紹介
キーリってどんな話?あらすじと登場人物紹介このページでは『キーリ』を知らない方に向けて、その大まかな世界観・ストーリー・登場人物について紹介する。【キーリって?】『キーリ』は2003年発売の壁井ユカコ先...
目次

彼方から 作品紹介

マンガParkページより引用

マンガPark:彼方から 作品ページ

単行本は全14巻。文庫版は全7巻。

下校途中に無差別爆弾事件に巻き込まれ、異世界へ飛ばされた女子高生・典子。見知らぬ森の中で怯える典子を救ったのは、渡りの戦士・イザーク。この2人の出会いから、世界は大きく動き始める——。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00DMUD75U/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

ネタバレありあらすじ・登場人物

ネタバレありあらすじ

世界に闇をもたらす「天上鬼」を覚醒させると伝えられる「目覚め」が降臨したとの噂が囁かれる。

イザークは自らは天上鬼であると知りながら正体を隠し生きてきた。
自らの力を呼び起こすとされている「目覚め」が現れたと知り、殺すためにその地に向かうが、そこにいたのはただの異界から訪れた普通の少女だった……。

独断と偏見の登場人物紹介

立木 典子(たちき のりこ) ・ノリコ

17歳の女子高生。
無差別爆弾事件に巻き込まれ、目覚めると異世界にいた。そこでイザークに助けられ彼に同行する。

成長につれ髪型が変わる…
精霊やら幽霊やらが見える…
イザークを心の底から信頼し、ずっとそばにいたいと思っている

イザーク・キア・タージ

寡黙な仏頂面で人を寄せ付けない雰囲気を持つ青年剣士。細身の体形に似合わず超人的な身体能力を持ち、負傷しても短時間で治癒する驚異的な回復能力を持つ。

彼方から wikipediaより

「なんで俺がこんなことを」 と言いながら、困っている人をほおっておけない性格。
無愛想だけど優しい。

ノリコを好きだと自覚しつつ、自らの背負った宿命に悩み、一度はそばを離れる決意をしたり、冷たく接してしまったりすることも。
ノリコが危機に陥ると、冷静さを失い暴走しがち。

共依存最高!!!!!

キーリ狂いによる見どころメモ

うまく感想をまとめられないので、読みながら取っていた私のメモでも見て察してください。

第1部終わったと思ったら、いきなり『すでに3ケタの日々が過ぎていた』で、だからそこの何もないささやかな日々を見せろって!!!という気持ちが高まった
キスシーンが早い!!!!!
(保護者ラジオがいなかったら絶対ハーキリもこれくらい早かったしこれくらいイチャイチャしてたはず)
第3部、世界中の全てが敵になっても私だけは味方だよ、のやつじゃん!!!そのあとの話は祭り!!!祭り!!!?
くっついたり離れたり、少しずつ周囲に理解者が増えその手助けを借りたりしつつ、追ってから逃げる旅物語
強すぎる力を持つゆえの孤独
それから救い出してくれたノリコ…
強靭な力を持ち、ちょっとやそっとじゃ傷つかず、怪我もすぐに回復する…(いやこれ不死人では?)
そしてたまに動けなくなるほど体調が悪くなる(ヨアヒムでは?)
ブルーグレーに変質する…(いやこれヨアヒm

とか思ってたらヨアヒムみたいなやつ出てきた。どこかで道を間違えたもう一人のイザークみたいなしつこい男が出てくる。
第5部終盤では、エンナマルナという砂漠の町に向かうためにに乗る。
に導かれ……奇跡……惑星に感謝……みたいな話だった。ガチで。

二人の旅の行く末を見届けてほしい…

今まで紹介してきた中で最も実質キーリみを感じた作品かもしれない。

世界に闇をもたらすと言われた二人の出会いがどういう結末を迎えるのか、どうか見届けてほしいと願う。

アプリ・マンガParkで最後まで読むことができるので、興味を持ってくれた方はぜひ楽しんでみてほしい。

マンガPark 公式サイト

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる