ガンスリンガーガール~兵器にされた少女たちが全力で生き抜く物語~

私がキーリを好きな人に自信を持っておすすめする名作漫画GUNSLINGER GIRL。キーリ好きにはもちろん、キーリをまだ読んだことのない人にも読んでもらいたい!

出来るだけネタバレは控えつつ紹介するぜ!!

目次

青年×少女=尊い

ガンスリンガーガールは社会福祉公社で働く青年と少女のバディの物語です。青年というかおじさんに近い人もいます。年齢差バンザーイ!

社会福祉公社では、事故や病気で死を待つだけの少女たちに義体と呼ばれる機械の肉体を与えます。

さらに”条件付け”と呼ばれる記憶の操作を施された少女たちは、担当官となる青年を命をかけて守る存在となります。そして、テロリストと戦う兵器として育成されるのです。

赤銅にょろんのアイコン画像赤銅にょろん

死んだ肉体に核を与え、不死人に変え戦争の兵器にしたキーリに似てますよね!


(ⓒ相田裕 『GUNSLINGER GIRL』)

義体と担当官のバディは”フラテッロ”と呼ばれています。意味は兄妹。
本当の兄と妹のようなバディ、上司と部下のようなバディ、義体を道具としか扱わないバディ…

いくつものフラテッロがそれぞれの関係に葛藤するの様子がこの物語の大きな魅力です。


(ⓒ相田裕 『GUNSLINGER GIRL』1巻より引用)

こちらは私のイチオシのリコちゃんです。かわいい。
ですが……

担当官の為に義体がいる。身代わりに死ぬのは当然だ
(ⓒ相田裕 『GUNSLINGER GIRL』1巻より引用)

と担当官のジャンに言われたあとのシーンだと知るとどうでしょう?

赤銅にょろんのアイコン画像赤銅にょろん

ヤバくない?でも皆こういうの好きでしょ…?

“妹”思いの兄たち

兄たちはそれぞれにテロリストと戦わねばならない理由を抱えています。

そのために義体が必要となるのですが、義体は不死身ではありません。戦いで怪我をすれば治療が必要です。時には命令をちゃんと聞くように”条件付け”も必要になります。

しかし治療や”条件付け”は義体への負担が大きく、行えば行うほど寿命が短くなっていく…。だんだんとぼろぼろになっていく少女たち……そこに兄としての葛藤が生まれます。


(ⓒ相田裕 『GUNSLINGER GIRL』9巻より引用)

赤銅にょろんのアイコン画像赤銅にょろん

フラテッロ尊い…しんどい…

強いけど弱い少女たち

戦闘時にはまさしく兵器のようにテロリストを殲滅していく少女たち。しかし内面はただの少女です。

例えば、義体の少女・ヘンリエッタは担当官のジョゼへの「好き」という感情が”条件付け”によるものなのかと悩んだり、プレゼントに一喜一憂したり少女らしい一面を見せてくれます。ときにはその感情が暴走して命令を無視してしまったり…

他の義体たちも、紅茶とケーキでお茶会を楽しんでいたり、ぬいぐるみに名前を付けていたりと、普段は少女らしい姿を見せてくれます。

しかしそんな少女たちも条件付けや治療の副作用で次第に記憶や味覚を失い始め……

ⓒ相田裕 『GUNSLINGER GIRL』10巻より引用

ぜひ細かい描写にも注目してみてください。

一度は死んだも同然の少女たちが、再び手に入れた命を精一杯に生き抜く姿には心を揺さぶられます。

聖地巡礼したくなること間違いなし

ガンスリの舞台はイタリア。ローマやナポリやフィレンツェにヴェネツィア…。素敵な都市がたくさん描かれています。あなたもきっと読み終わることには聖地巡礼したくなっていることでしょう。

赤銅にょろんのアイコン画像赤銅にょろん

私はシチリア島に行きた~い!シチリア島タオルミーナは1巻でヘンリエッタとジョゼが休暇で行った場所だよ!

アニメも雰囲気が抜群に良い

ガンスリンガーガールはアニメ化もされています。

ここで注意して欲しいのは1期と2期で作画も雰囲気も声優も全くの別物だということ。

ⓒ相田裕/マーベラス音楽出版・メディアワークス・ガンスリ製作委員会2002 『GUNSLINGER GIRL』
ⓒ相田裕/メディアワークス・マーベラスAQL 『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』

上が1期のヘンリエッタ。下が2期のヘンリエッタ。2期の方が目が大きく幼い少女らしい姿に描かれています。

1期はガンスリならではのしんどい雰囲気を味わいたい方におすすめ。少女たちの生き方がメインの物語です。

2期は元気で明るい義体たちを見たい人におすすめです。こちらはピノッキオという敵側の少年と社会福祉公社の戦いがメインとなります。

どちらから見ても大丈夫ですが、1期が作画・音楽・構成どれも素晴らしく全13話で綺麗に最終回を迎えているので、こちらを先に見てしまうと2期とのギャップに拒否反応を起こす可能性があります。

ですが2期が面白くないというわけではありません!2期は原作者の相田裕先生が脚本に関わったこともあり、本来のガンスリの世界観に近いのは2期だと先生自身がおっしゃっています。

私個人的にも、2期の方が少女らしく原作のイメージに近いように感じましたが、好みによるとしか言いようがないので両方見てください。特に2期のOP曲KOKIAさんの「たった一つの想い」は名曲なので必聴です!!

赤銅にょろんのアイコン画像赤銅にょろん

ちなみに私は1期を見たあと、10年間身体が2期を受け付けませんでした(マジで)
両方見るならどちらかというと2期から見たほうが受け入れやすいかも…?

ガンスリ1期も2期も両方見放題のU-NEXTでの視聴がおすすめです!

\31日間無料でガンスリンガー・ガールが楽しめる/

とにかくガンスリを読め!ガンスリ好きならキーリも読め!

「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」
もうこのキャッチコピーが良すぎる…これにピンとくるなら読んだ方がいいです。

ぜひガンスリの世界に触れてみてください!
読んだらぜひお気に入りのフラテッロを教えてくださいね。私はジャンとリコが好きです。

そして、ガンスリを好きな人に全力でおすすめなのがキーリです。

一度は死んだはずの肉体を蘇らせ、戦争の兵器にされた〈不死人〉。
その不死人の青年ハーヴェイと少女キーリが出会い、旅をする物語です。

強い肉体を持つくせに次第にボロボロになっていくハーヴェイの様子は義体の少女たちに重なります…。しんどい…
こちらも是非ともよろしくお願いいたします。

あわせて読みたい
キーリってどんな話?あらすじと登場人物紹介
キーリってどんな話?あらすじと登場人物紹介このページでは『キーリ』を知らない方に向けて、その大まかな世界観・ストーリー・登場人物について紹介する。【キーリって?】『キーリ』は2003年発売の壁井ユカコ先...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる